2006年06月16日

映画『ターミナル』#0876:1日ひとつ、楽しく英会話!

トム・ハンクス主演の映画『ターミナル』から今日の英会話は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲▽▲▽▲「1日ひとつ,楽しく英会話」▲▽▲▽▲▽▲▽ No.876 ▲▽▲▽
〜Every effort will surely be rewarded! 「流した汗は嘘をつかない」〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

合唱祭が終わりました。合唱もですが,指揮者にも個性がありますね。
恥ずかしそうな生徒,ラジオ体操みたいな生徒(ぷぷ),
さらには踊るように指揮をするスマイリー小原みたいな生徒までいました。
(古過ぎる,わからないって)

では,今日も楽しく英語を勉強しましょう(^^)
映画『ターミナル』より

【today's expression】
You are a coward.
「腰抜けめ」

使えない英語です(^^;) でも知っておくべき単語でしょうね。
coward は「カウアード」と発音するので注意してください。
映画などの会話ではとてもよく出てきます。
実際,子どもたちのあいだでは使いそうですし。
日本でもそうなのでしょうが,英米では(特に大人の男性は)
臆病者呼ばわりされるのは大きな屈辱なのでしょうね。
そういえば,
Don't be a coward! 「びくびくするな!」
というのが「スパイダーマン」に出てきました。やはりよく使うようです。

【story】
清掃員のおじいさん,グプタは事情を何も知らないので,
ナボロスキー(トム・ハンクス)に対して腰抜け呼ばわりしています。
でも彼はグプタを守るためにあきらめて帰国することにしたのです。
グプタは故国インドで金貸しを殺し,アメリカに逃げてきたのです。
グプタをインドに送り返すわけにはいかない。
それゆえ腰抜け呼ばわりされてもナボロスキー(トム・ハンクス)はグプタを守ろうとしています(;;)

【idle talk】
毎年なのですが,合唱際のたびに「教員やっててよかった」と思います。
最初から最後まで感動してばかりです。
昔の切ない思い出がよみがえる歌を聞いては涙ぐみ,
大きく口を開けて懸命に歌う姿を見てはうるうるしていました。
私は生徒の前では泣かない教員です。たとえ卒業式であっても。
でもいちばん涙もろくなるのが合唱祭です。
なぜでしょうね。私自身,団体で賞をもらったことがないからかな。
うちのクラスは入賞しませんでした(ブービーだったとの噂も)。
優勝したクラスは狂喜乱舞です。そして他のクラスの生徒たちが,
「○○先生,おめでとー!」と大声で叫びました。
いいなあ。一度は経験してみたいなあ。担任もさぞかしうれしいでしょうね。
そう思うとまた涙が・・・(;;)

【復習コーナー】
I ( ) you so much.
「あんたにゃたくさん借りがある」

 解答はCMのあとで(^^)
===============================================
発行者 けんじ(現役の高校教師。空手部顧問です,押忍!)
配信中止はこちら⇒ まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000115091.html
ご意見・ご感想はこのメルマガに返信してください。
なお,いただいたメールは誌上で紹介することがあります。
===============================================

【解答】
I (owe) you so much.
「あんたにゃたくさん借りがある」
posted by トム・ハンクス at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画『ターミナル』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。