2006年06月14日

映画『ターミナル』#0874:1日ひとつ、楽しく英会話! No.874

トム・ハンクス主演の映画『ターミナル』から今日の英会話は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲▽▲▽▲「1日ひとつ,楽しく英会話」▲▽▲▽▲▽▲▽ No.874 ▲▽▲▽
〜Every effort will surely be rewarded! 「流した汗は嘘をつかない」〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学校では朝も夕も合唱の歌声が聞こえます。合唱祭はいよいよ明日です。
うちのクラスが勝つかどうかは別として,よい合唱が聞けるのを
楽しみにしているけんじです(涙が出るほど感動するのですよ)。

では,今日も楽しく英語を勉強しましょう(^^)
映画『ターミナル』より

【today's expression】
I'm going to have to let him go.
「解雇せざるを得ないだろう」

前半はだいじょうぶですね。
let him go は「彼を行かせてやる」ですが,これが「立ち去らせる」
(=クビにする)の意味になっています。
そのほか,「死なせる」の意味になることもあります。
I won't let him go. 「彼を死なせてたまるものか」のように使います。
さて,「させる」の基本。make は強制,let は許可ですね。
have や get には have/get O + 過去分詞 で「Oを〜させる」です。
ややこしいでしょうか(^^;)

【story】
空港の上役(悪役)フランクは出世して空港のコミッショナーになります。
ニューヨークにどうしても行きたいと言い張るナボロスキー(トム・ハンクス)に,
彼流の脅しをかけます。
言うことを聞かないならナボロスキー(トム・ハンクス)の友人たちの悪事をばらして
クビにすると言います。彼はやむなく帰国を決意します。

【idle talk】
春の physical exam (健康診断)の結果,みなさんはいかがだったでしょうか。
私は今年も血液を採るときに針が血管を突き抜けてしまいました(> <)
(去年もでした。メルマガに書いたけど覚えてます?)
それはさておき,結果です。
いちばん気になるγGTP(アルコールによる肝機能への影響)の数値ですが,
最近の禁酒(節酒)の成果が出て,正常値に戻りました(^^)
さあ,これで思う存分酒が飲めるぞ(--;)★\
(人間って懲りないものさ)

【復習コーナー】
I ( ) you.
「会いたかったよ」

 解答はCMのあとで(^^)
===============================================
発行者 けんじ(現役の高校教師。空手部顧問です,押忍!)
配信中止はこちら⇒ まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000115091.html
ご意見・ご感想はこのメルマガに返信してください。
なお,いただいたメールは誌上で紹介することがあります。
===============================================

【解答】
I (missed) you.
「会いたかったよ」
posted by トム・ハンクス at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画『ターミナル』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。